響の買取はライフバケーションへお任せ

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

響/HIBIKIの買取

響の買取

サントリー・ウイスキー響の商品はノンヴィンテージ・12年・17年・21年・30年買取致します。弊社では、響のウイスキを日々買取を行っている為、買取には自信があります。是非弊社にお問い合わせ下さいませ。

響 買取商品


  • 金キャップ

    響 金キャップ


  • ブロッサムハーモニー

    響 ブロッサムハーモニー

響の買取につきまして

響の買取相場としては、日本内外を問わずにジャパニーズウイスキーのファンが増加傾向にあり需要が拡大していることから、近年では買取価格もアップしています。響はサントリーウイスキーの中でも山崎と並ぶ人気があり、買取としても良い水準で対応の出来る商品になります。また響の商品は、現在販売されているヴィンテージ商品(響21年など)よりも数十年前に販売された響のヴィンテージ商品の方が、買取価格が高い場合があります。
その他にも響の商品は、通常のガラスデキャンタの他に、カガミクリスタルデキャンタや有田焼ボトルや九谷焼ボトルなどで製造された商品があります。多くは限定商品になっており、こちらの限定商品は年々買取価格が高騰しております。

響のシリーズ確認方法と買取価格


響のウイスキーが買取が高いと言ってもシリーズによって買取価格はそれぞれ違います。商品によっては10万円以上の差が出る事もあります。写真のようにいくつもの種類があります。お客様がお持ちの響を査定に出そうと思われた時、画像を頂ければお客様はどんな響か把握しなくても私達でお調べ致しますが、電話での問い合わせの場合は、お客様の方である程度把握してご連絡を頂いた方が、適正に査定が行えます。響のウイスキーのシリーズを確認する方法は大きく3点あります。

1、ラベル記載年代
2、瓶の種類
3、金のマーク


上記3点のいずれかを査定の段階でお教え頂ければ、お客様の響が何のシリーズが大体は分かります


1、ラベル記載年代

響のウイスキーは正面ラベルに記載なし、12年、17年、21年、と記載されている商品があります。この年数によってそれぞれシリーズが分かります。買取価格も記載年代によって異なります。基本的には記載してある年数が大きい数字の方が買取価格は高くなります。記載ない商品につきましては、一番流通している響の商品や限定品、年代の古い響などがあり、限定品や年代の古い響は買取価格が高額になる事があります。

2、瓶の種類
響ウイスキーは通常に販売されているガラス瓶以外にも、幾つか瓶の種類が違う商品があります。中には、国内クリスタルメーカー・カガミクリスタルがデキャンタを製造している商品があります。
クリスタルデキャンタで製造された響は全て高級ラインナップ商品もしくは限定商品になっております。

陶器ボトル
その他には、日本伝統工芸、有田焼や九谷焼きで製造されたデキャンタがあります。この二つの陶器で出来た響は基本的に高額買取対応になります。

意匠ボトル
またデキャンタに富士山の絵や鳥の絵など金彩や鮮やかな色彩でプリントされたデキャンタがあります。こちらは意匠ボトルと言われております。この商品は限定商品になりますのでこちらも高額買取での対応になります。

楽器ボトル
響で楽器の形をしたボトルがあります。この楽器の形をしたボトルは製造年が少し古い商品になります。中にはピアノの形をした商品やリラギターの形をした物があります。こちらも流通数が少なく、買取価格も高額になります。

3,金のマーク
響ウイスキーは一部ラベル向かって左側に金のマークがプリントされている商品があります。近年販売されている響でこのマークがプリントされている商品はありません。このマークがプリントされている響は、年代の古い響になります。年代が古い響は基本的には数万単位での買取価格になります。

響の中で一番買取が高い商品


弊社の買取の中で響ウイスキーで一番高額買取で対応したのが響35年になります。響35年は何種類か種類がありますが、どれも状態に問題が無ければ数百万円の買取価格で対応が行えます。

付属品について


付属品につきまして、響の商品は、ウイスキーの中でも人気があり、箱が無いと減額になる商品が多くあります。通常ラインナップ商品であれば1,000円前後の減額ですが、響の限定商品のになりますと数万単位で減額になる事もあります。

減額対象について


減額対象につきまして、響の商品は白いラベルを使用している事が多く、年代が経過していると汚れている商品を拝見いたします。多少であれば問題ありませんが、ダメージが多い場合は減額対象になります。

また年代の古い響につきまして、稀に本来のお酒の内容量より開けていないのに減っている商品を拝見いたします。その場合も減額対象になります。

響・商品詳細

響

ジャパニーズ・ウイスキーのメーカー、サントリーが生み出した「響」。ヨハネス・ブラームス作「交響曲第一番第四楽章」をイメージし、製造されました。1989年より発売されたもので、サントリーの創業90周年記念で発売された歴史あるウイスキーです。
創業者の鳥井信治郎から築き上げられてきた製法や、磨き上げられてきた香味がこの一本に凝縮されている、高級ブレンデッドウイスキーです。この『響』はサントリーの素晴らしい原酒たちが最高の形で混ざり合っており、美しく響き合ったまさにジャパニーズブレンデッドの誇りとも言える、素晴らしい香りが楽しめる商品です。
響を作り上げるうえでのコンセプトは「日本の四季」「日本人の感受性」「日本の持つ匠の技」の3つであり、これらを結集させた自身のウイスキーを作ることでした。そのため、熟成年数にこだわるということをせず、これまでのサントリーのウイスキーづくりの歴史で経験し培ってきた知識と技術をつぎ込んで作られた逸品です。



響・ジャパニーズハーモニー
ジャパニーズハーモニーは、熟成の年数へのこだわりから離れ、洗練されたサントリーの技術・原酒を使い、造られたウイスキーです。

響 12年
響・12年は名前の通り、12年以上経過したモルト原酒の中で良いものを選び、そのモルト原酒に合う12年以上経過した円熟グレーン原酒をブレンドしたものです。こちらは現在、販売終了品になっています。その為買取価格は高騰中です。

響 17年
響・17年はSWSCやIWSCなど、数々のウイスキーのコンペティションで金賞を受賞しているウイスキーです。ブレンドのみならず後塾にも時間をかけているため、とても深い味わいとなっています。17年の商品は色々種類がありそれぞれ買取価格は異なります。2018年休売後、買取価格が高騰しています。

響ブレンダーズチョイス
響ブレンダーズチョイスは、響17年が休売後に販売されたウイスキーになっております。飲食店や業務店向けに販売されたウイスキーになります。他の響と比べるとプレミアム価格があまり付いていない商品になります。

響ブロッサムハーモニー
ブロッサムハーモニーは2021年5月に数量限定で山崎2021年リミテッドエディションと一緒に販売された商品です。響では初めて桜樽を使用した珍しい商品です。

響 30年
響・21年はISCで3年連続で最高賞のトロフィーを受賞したウイスキーです。酒齢21年以上が経過したモルトと知多グレーンをブレンドしたもので、ウイスキーへの考え方が変わってしまう方もいるほど、その出来は素晴らしいものです。

響 21年
響・30年は数々のコンペティションで賞を受賞したウイスキーです。酒齢30年以上のグレーン・モルト原酒を厳選し、数種類ブレンドした貴重なウイスキーです。1年に2000本(現在は非公開)しか生産されず、ジャパニーズウイスキー最高峰の一つと言えるでしょう。現在はプレミアム価格での買取商品になります。

響35年
響の長期熟成の限定商品になります。小売り価格が100万円を超えるウイスキーです。発売後、ジャパニーズウイスキーブームになり、今では信じられない価格で買取の出来る商品になっております。

響の関連商品

  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店