日本酒買取ならライフバケーションお任せください!

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

日本酒

希少価値の高い日本酒は、高価買取致します。

日本酒は、原材料である米を発酵させて造る醸造酒です。日本の伝統的なお酒の1つでもあります。近年カナダ、アメリカやイギリス、フランスなどのヨーロッパ諸国でも日本酒の人気が高まっています。製造メーカーによっては一年を通し限られた期間にのみ製造、販売するお酒もあり買取価格が定価を上回る場合もあります。

買取実績

新品・箱付きは高額買取中です。まずは無料査定をご利用ください。

日本酒

日本酒の買取について

ライフバケーションでは日本酒を高価買取致します。十四代・飛露喜・久保田・黒龍・田酒・而今・獺祭など日本を代表する日本酒はもちろんのこと、各地の日本酒も高価買取致します。お見積もりは無料です。また、出張買取も行っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

※製造より1年以上経過している日本酒は減額査定、又は買取できかねる場合があります。ご了承下さい。日本酒は経年により色調、味が変化するためです。

日本酒・製造年月

日本酒 製造年月日

写真の様に日本酒のラベルには製造年月が記載されています。こちらは2020年10月に製造された商品になります。殆どの日本酒は正面ラベルや裏ラベルにこの記載があります。ラベルの製造年月が消えている場合、買い取りはできかねます。

日本酒の買取銘柄

飛露喜(ひろき)(製造元 合資会社廣木酒造本店)

飛露喜(ひろき)(製造元 合資会社廣木酒造本店)
福島県を代表する地元でも手に入りにくいお酒です。
1999年の大ブレイクから今日まで日本酒ファン、そして世界から高い支持を集め、有名な賞を幾度と受賞。白ワインのような爽やかな呑み口です。日本酒が苦手な方でも美味しく感じられる事で世界からの評価も高く、日本酒ブームの火付け役となりました。

越乃寒梅(こしのかんばい)(製造元 石本酒造株式会社)

越乃寒梅(こしのかんばい)(製造元 石本酒造株式会社)
新潟県で造られる越乃寒梅は地酒ブームの火付け役です。かつては幻のお酒と言われ、日本酒を語る上では外せない越乃寒梅。淡麗辛口ブームの中心的存在だった越乃寒梅は一時、定価の何倍もの価格で販売されるほどでした。キレのある呑み口の良い酒を造り続けています。

久保田(くぼた))(製造元 朝日酒造株式会社)

久保田(くぼた))(製造元 朝日酒造株式会社)
新潟県で造られる久保田は淡麗辛口ブームの先駆けの1つです。「○寿」シリーズが有名でそれぞれコンセプトによって分けられています。今も人気が衰える事なく、「酒造りは米作り」という考えから久保田は日々進化しています。そして、その品格にふさわしいお酒を造り続けています。

一ノ蔵(いちのくら)(製造元 株式会社一ノ蔵)

一ノ蔵(いちのくら)(製造元 株式会社一ノ蔵)
宮城県を代表する銘酒です。「手作りの仕込みによる高品質の酒造り」を忠実に守っている一ノ蔵は、現代人の嗜好に合う酒をと、日々進化。こだわりある日本酒を研究し、日本酒ビギナーからマニアまで納得のいくお酒を多く見出しています。

黒龍(こくりゅう)(製造元 黒龍酒造株式会社)

黒龍(こくりゅう)(製造元 黒龍酒造株式会社)
福井県を代表する日本酒、黒龍。皇室御用達として知られ「日本一高価な日本酒」としても注目を浴びています。全てのクオリティが高く誰にでも好まれる味わいは幅広く支持されています。日本酒マニアからは幻の日本酒とも呼ばれ、期間限定されるシリーズは手に入れる事さえ難しく、非常にレアです。

花薫光(かくんこう)(製造元 須藤本家株式会社)

花薫光(かくんこう)(製造元 須藤本家株式会社)
創業1141年と関東最古の酒蔵が造り出す日本酒「花薫光」有名なワイン評論家ロバート・パーカー氏が絶賛したことでも知られるお酒です。海外からの評価も高く、シンガポールでは1本314万円で販売されたこともありました。伊勢志摩サミットでは晩餐で振る舞われ、世界に絶賛されました。こだわり抜いて造られるお酒はいつの時代も感動を与え続けています。
上記以外の銘柄も買取り致します。

お酒買取カテゴリー

  • ブランデーの買取
  • ワインの買取
  • シャンパンの買取
  • リキュールの買取
  • ウイスキーの買取
  • 焼酎の買取
  • Twitter
  • Instagram
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店
  • 銀座店