お酒・買取ブログ | お酒買取(ブランデー・ウイスキー・ワイン・焼酎・日本酒・シャンパン)実店舗(横浜店・東京世田谷店・東京千代田店・静岡店・栃木宇都宮店)

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション
ブログ
2019年01月22日 [お酒買取 横浜]

横浜で最も高額査定してくれたお店にお酒の買取を

大都会横浜にはいろいろな種類の買取店があって、多趣味の私も年に数回買取店を利用していましたが、最も多く利用しているのがお酒専門の買取店です。
そろそろいい歳なのでお酒を控えようと思っていましたが、ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎と、好きなお酒がたくさんあって、最近は忙しいので外に飲みに出る機会は減っていますが、その分家で高めのお酒を楽しんでいました。
外で飲んだと思えば、多少高め目のお酒を買ってもたいしたことはないので、妻にもそう言って自由にしていましたが、先日ついに体調を壊してしまって、病院で診てもらうと肝臓がかなりまずいことになっていて、ドクターストップと嫁ストップがかかってしまいました。
嫁からはあれだけ飲み過ぎには注意するように言っていたのに、健康だからと言って好き放題したからこうなったのだと怒られて、結局家のお酒を全部処分することで許してもらいました。
もちろん健康体になるまでは禁酒で、自分でも家にお酒があるとどうしても飲みたくなるので、体のためにも家族のためにも、その方がいいと思いすぐさま行動に出ました。
せっかくなら高くお酒を買取してもらおうと、これまでの経験を活かして複数のお店を利用しようとしましたが、今回は頂き物ではなく、全て自分セレクトの高級品ということで、まとめ買いだと査定金額を他店よりもかなり高く付けてくれたお店に、全てのお酒を売ることにしました。
最終的には家まで無料でお酒を取りに来てくれたので、手間なく全てのお酒を処分できて、買取金額を聞いて妻も驚き喜んでいました!

お酒の保管状態には気をつけよう


ほとんどのお酒は、古くなっても専門のお店に持ち込めば買取してもらえます。
しかし、賞味期限のあるお酒や、品質が低下している場合は買取対象外になることもあるので、一番は飲まないお酒はすぐに買取に出すことと、保管状態には気を付けましょう。
液漏れを起こしているような場合は、品質そのものが劣化している可能性が高く、コルクの劣化や不良があっても、買取対象外となってしまいます。
ワインはコルクやキャップの状態も定期的に確認することが大切で、変色や酸化も顕著なので、ワインにあまり詳しくない場合は、部屋に長く保管しないで、早めに買取に出すことをおすすめします。
他のお酒でも、保管状態が長くなるほど査定金額が落ちていくと考えた方が良く、プレミアが付くからと長く家に保管していると、何十万円のお酒の価値がなくなってしまうこともあります。
お酒好きの友人もそれで失敗した一人で、高級なワインを地下室で保管していましたが、やはり保存状態が良くなくて、半分くらいは飲まないまま捨てることになったそうです。

横浜で一番高額査定をしてくれた買取店に


妻と結婚した一番の理由は、お酒が好きなことで意気投合したからです。
それまで付き合った女性は、全員お酒を飲めないか、飲んでも好きではない人ばかりで、結婚するなら一緒に晩酌できる女性がいいと思っていました。
もちろん毎晩飲んだくれているような人ではなく、身体のことも考えてお酒を一緒に楽しめる女性が良くて、きっとそんな人には出会えないと思っていたところに、私から聞く前に同じ考えをしていることが分かり、見た目もドンピシャだったので、半年で結婚を決めました。
結婚して定期的にお酒を楽しんでいましたが、妻の妊娠が発覚して、必然的にしばらくお酒が飲めなくなり、ここは私も禁酒を決めて、家にあったお酒を買取に出すことにしました。
どうせなら高く売りたいと、横浜のいろいろな買取店に問い合わせた中で、一番高い値段を付けてくれた御社のお世話になりました。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店