価値の上がるお酒にはいくつかの理由があります。

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

価値が上がっているお酒

洋酒

お酒の銘柄は、数え切れない程多く数百円から購入出来る商品や、数万円もしくは数十万円などのお金を払わなければ購入出来ないお酒などがあります。
単純に考えてしまうと、高ければ高い商品ほど価値があるのではないか?っと考えてしまう事があると思います。
また価値と言うのは、難しいもので人によって変わる場合があります。例えば自分自身で何かの記念や思い出などで購入したお酒などには、お金に変える事の出来ない自分にだけの価値などがあります。その他にその市場で大変少ない商品や中々手に入らないと言うことで割増のプレミアム価格という付加価値が付く事があります。
今回は、2015年以降、市場でお酒のプレミアムの価値が上っている付加価値が付いた商品などをご紹介致します。

1、ブーム(流行り)になっているお酒

価値が上がる商品は、ブームになっているという事が重要になっています。どんなに高価なお酒があってもブームが無い限りは、中々プレミアム価格という価値がつきづらくなっております。最近で言えばウイスキーなどは、国内・海外で大変ブームになり、新品で購入する事自体が困難な商品などが多数ございます。日本国内メーカーの商品で言えば、サントリー響や山崎の商品。マッカランの商品でいえばシェリー樽の18年の商品や25年の長期熟成商品が品薄の状況になっております。
ウイスキーは、普通の飲料水と違い人気がでたからといって、直ぐ出荷できる物ではありません。年数に表示されている原酒を使用する為、年数分を前から仕込む必要があります。
そのような理由がある為、出荷の本数は決まっており、手に入れたい人が多いと正規販売店以外では追い付かずプレミアム価格などの価値が出来上がります。
最近では、ウイスキーがブームになっておりますが、以前は、森以蔵や魔王や村尾などを筆頭に焼酎ブームが起こっておりました。森以蔵の商品も以前は定価の十倍の価格で取引されていた事もありますが、次第にブームが去って行くと、プレミアム価格などは少しづつですが下がっております。

2、人気銘柄で年代の古いお酒

マッカラン

価値の上がるお酒で分かりやすいのが、古いお酒になります。ただ古ければ古い程いいとは限りません。古くなると価値が下がるお酒もあります。古いと価値が下がるお酒としましては、日本酒やデイリーワインやビールなどが該当致します。
日本酒などは、一般的に製造より1年以内が最も美味しく飲めると言われています。またデイリーワインも同様で古くなればなるほど酸化していく為、購入したらなるべく早く飲まれる事をオススメされています。
価値の上がるお酒につきましては、一部人気銘柄のウイスキーや特級畑や格付けされたワインなどが多く該当致します。 ウイスキーの中で価値の上がっている商品はスコッチウイスキーやジャパニーズウイスキーになります。スコッチウイスキーの中で言いますと代表的な商品としてマッカランやボウモアなど人気銘柄を筆頭に価値が上がっております。マッカランの商品であれば酒屋さんで当時1万円〜2万円などで購入した物が数十年経過して今では、10万円〜20万円で売れる商品が多数ございます。(マッカランの買取ページ
これは、マッカランという人気銘柄の商品である為、このように価値が上がっていますが、当時マッカランと同じ価格で購入したお酒でも、買った時より今売れる価格が安くなってしまうウイスキーなども沢山あります。(
ワインにつきましても、1970年代などのdrcロマネコンティなどは10万円未満で購入出来たものの、現在では、同じ年代の商品が何十万もしくは百万円以上出さないと購入出来ないような価格になっております。

3、世界で人気を集めている商品

山崎

価値が上がる事で重要なのが、世界的に人気が出る商品という事です。今までは、価値のあるウイスキーはどのようなウイスキーですか?と尋ねると、誰もが価値のあるお酒はスコッチウイスキーと答える方が大半だったと思います。しかし近年ではその常識が覆るような出来事が起きています。それが日本を代表とするサントリーで販売しているウイスキーになります。サントリーから販売されている山崎や響などのウイスキーは世界で開催されているスピリッツコンテストなどで何度も金賞を受賞され世界最高のウイスキーと賞賛されました。その影響などで山崎や響などのウイスキーは新品の商品でも売り切れなどが大変多く見受けられるようになり、2015年以降は新品価格よりも高いプレミアム価格などで取引されるようになっています。またそんなに人気の商品で古い商品であれば更に価値は上がります。実際には、2012年など山崎の商品などで数千円で取引されていた商品が今では10倍以上で取引されている商品も珍しくありません。 このように10倍などの価値に変化するのは、海外での需要が非常に大きく影響しております。
山崎の買取ページ

4、人気銘柄の限定商品

ブラックパール

お酒の市場では、メーカーの方でよく限定品などの商品を販売しております。中でもウイスキーなど人気銘柄の限定商品などは、比較的価値が上がる傾向にあります。しかし限定品であれば全て価格が上がる訳ではありません。大事なのは、世界限定など生産本数などが限られている商品になります。限定商品のお酒などを見ていると中には、世界限定や国内限定や限定品などの種類で分かれている事があります。一番勝ちの上がる可能性があるのが世界限定の商品です。例えば世界限定200本などであれば生産自体が200本なので、年々消費されればその絶対数は少なくなる為、希少価値などがあがる事が多くあります。
次に注意したいのが国内限定や限定品と記載された商品です。例えば国内限定200本と記載された商品があるとします。ここで生産自体が200本と勘違いしない事が大切です。国内での限定販売は200本かもしれませんが、世界での販売数は、2,000本やそれ以上の可能性もありますので、国内限定の商品や限定品とだけ記載された商品は注意が必要になります。
また限定品などは、付属品などが重視されます。人気の銘柄の商品でも限定の箱が無いだけで、本来であれば倍以上の価値が上がる商品が倍まで上がらないと言う事があります。そうなってしまうと手に入れた限定商品の価値が上がらないのは悲しい事だと思いますので、付属品なども大切に保管しましょう。
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店