マルスウイスキーの買取ならライフバケーションへ

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

マルスウイスキーの買取

マルスウイスキーの買取

ライフバケーションではマルスウィスキーの買取を行っております。マルスウィスキーは九州の歴史ある酒造メーカー、本坊酒造のウイスキーブランドです。
現在では長野県中央アルプス駒ヶ岳山麗にあるマルス信州蒸留所と鹿児島県南さつま市にあるマルス津貫蒸留所にてウィスキーを製造しています。

マルスウイスキーの買取について

マルスウイスキーは、毎年様々なウイスキーをリリースしますが、そのほとんどが数百本〜千本強の少量限定販売となります。駒ケ岳をはじめモルテージ越百、岩井トラディション、ラッキーキャットシリーズ、その他人気のウイスキーの中には、プレミア価格が付いている商品もあります。中でも駒ケ岳の限定商品は十万円を超える買取金額の商品があります。

マルスウイスキーの買取価格

シングルモルト 駒ヶ岳 1986 30年 シェリーカスク

koma

買取金額:120,000円前後
駒ケ岳 小彼岸桜

higan

買取金額:7,000円前後
アメリカンホワイトオーク 太陽と鳳凰

houou

買取金額:18,000円前後
駒ヶ岳 繋 ブレンデッド 700ml・46% 3,000円前後
駒ヶ岳 10年 シングルモルト 750ml・40% 5,000円前後
駒ヶ岳 10年 シングルモルト 旧ボトル 700ml・40%  8,000円前後
駒ヶ岳 22年 シングルモルト 750ml・43% 30,000円前後
駒ヶ岳 24年 バーボンバレル 750ml・58% 50,000円前後
駒ヶ岳 24年 1991 天体観測シリーズ火星 シェリーカスク 700ml・59% 30,000円前後
駒ヶ岳 25年 1988 シングルカスク 750ml・59% 30,000円前後
駒ヶ岳 30年 1986 アメリカンホワイトオーク 700ml・61% 100,000円前後
駒ヶ岳 30年 1986 シェリーカスク 700ml・48% 120,000円前後
※こちらに掲載されている金額は参考価格となります。相場、状態によりお値段が変わる為、金額の保証ではございません。現在のお買取金額をご確認したい場合は、お気軽にお問い合わせください。

買取の際のチェックポイント

1.箱の有無
ウイスキーには箱が有無しによってお買取のお値段が変わるものがございます。
箱なしでもお買取金額が変わらない商品もありますが、高額買取となる商品は、原則的に箱が付属していないと減額になるケースが多いです。

hako

液面

2.液面の高さ
ウイスキーのボトルの中には未開栓であっても、アルコールが揮発して内容量が減ってしまっているものもございます。
その様のボトル場合は、減っている量にに応じて減額となります。
3.ラベルの状態
ウイスキーの顔とも言えるラベルの状態はお買取金額に影響します。破れや汚れがある場合は減額となります。逆にラベルの損傷が激しいものや、ラベルが剥がれてしまっていてもお買取可能です。

label

スタッフコメント

マルスウイスキーは九州、鹿児島県にある本坊酒造のウイスキーブランドの一つです。本坊酒造の歴史は古く創業は1872年、以来焼酎等の製造を行っていました。
終戦間もない1940年代、鹿児島にてウイスキーの製造免許を取得しウイスキーの製造を始めます。当時は他社が製造した原酒、所謂バルクウイスキーのブレンドや貯蔵を行い販売していました。その後、1960年台に入り、ニッカの創業者である竹鶴政孝氏と深い縁のある、岩井喜一郎を顧問とし山梨県にて自社ウイスキーの製造を開始。9年間続いたもののウイスキーブームを前に山梨の蒸留所を閉鎖。その後1980年になると、日本ではウイスキー・ブランデーブームを迎えます。閉鎖された山梨の蒸留所はワイナリーとして可動してる為、鹿児島県に蒸留所を設立。そのときに名称をマルスウイスキーとし、マルスウイスキーは誕生しました。1985年に工場を長野県信州に工場を新設し以来ウイスキーを作り続けています。
2016年に鹿児島県の津貫に新工場を新設するなど、現在でも精力的にウイスキーの製造を行っています。サントリー、ニッカと比べると歴史は浅いですが、2017年にはイギリスのウイスキー品評会Icons of whisky(IOW)にて、クラフトプロデューサー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞するなど、年々国際的な評価も高まっています。

マルスウイスキーの関連商品

  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店