白州1973の買取|ウイスキー買取なら、横浜・世田谷・千代田・静岡・宇都宮に実店舗がある「ライフバケーション」にお任せください!

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

サントリー シングルモルトウイスキー
白州1973買取

白州1973-5

白州1973について

こちらの白州1973は2012年に販売されていました。同時期に山崎1923の販売も始まり、サントリーのジャパニーズウイスキーの定番商品が一新された時期です。また、この商品の販売に伴い「シングルモルト 白州10年」が終売になりました。

販売開始時は安定して供給されていた商品だったため、定価での購入が可能でした。
しかしジャパニーズウイスキーブームにより人気が高まり、山崎と同じく価格が高騰したため、入手が困難になった商品です。
さらに、2018年にサントリーから「白州12年」の販売休止が発表されました。それに伴い、小売希望価格の約2倍の価値がついていた時期もあります。
2019年には価格の高騰も落ち着きましたが、それでも小売希望価格以上の金額で取引が行われています。

外観の特徴と買取価格の推移

買取年月 買取価格
2015年6月 1,500円
2016年12月
2,500円
2017年12月 3,000円
2018年12月 5,000円
2019年12月 5,000円
2020年12月 5,000円
2021年6月 5,000円
2021年12月 5,500円
2022年6月 7,500円
2022年12月 7,000円
2023年3月 6,500円
  • 白州1973-1
  • 白州1973-2
緑と白を基調としたボトル。
首元のラベルに記載されている「SINCE 1973 YEAR」は、白州蒸溜所が設立された年号です。
  • 白州1973-3
  • 白州1973-4
キャップ部分には製造された時期により違いがございます。
上記左側の画像が製造初期のもの。右側の画像が現在の商品でございます。
初期の白州1973のキャップ上部、側面には「SUNTORY SINGLE MALT WHISKY」の印字がありますが、現在の商品に印字はございません。

どちらの商品をお持ちいただいても買取金額は変わりません。

まとめ

販売開始の2012年から2019年までの相場価格のピークは2018年。白州12年の販売休止が発表された年となります。ピーク時には山崎1923以上の価格が付いていましたが、2019年現在では価格も落ち着いています。

人気次第で再度高騰する可能性がある商品なので今後の相場の変動が楽しみですね。
  • Twitter
  • Instagram
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店
  • 銀座店