流通年代別 マーテル コルドンブルーの見分け方|ブランデー買取なら、横浜・世田谷・千代田・静岡・宇都宮に実店舗がある「ライフバケーション」にお任せください!

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

マーテル高価格買取チェックポイント
流通年代別
マーテルコルドンブルーの見分け方

マーテル コルドンブルー

「コルドン・ブルー」とは、フランス語で「青い綬章」を意味し、その名の通りボトルを縦に飾る青いリボンがトレードマークのコニャックです。

コニャック地域で最も希少価値の高いボルドリ地区のブランデーを贅沢に使用し、ボルドリ産原酒特有のスミレのような強い芳香から「飲む香水」の異名を持ち、香りの素晴らしさで高い評価を集めるマーテルの代名詞ともいえる商品です。

コルドンブルー 旧ボトル

コルドンブルーは1912年の発売以来、100年以上の間同社を代表する商品として販売されてきました。そのため旧ボトルと一口に言ってもその種類は多岐にわたります。また、それぞれ年代や希少価値によって買取価格が異なります。
space
マーテル コルドンブルー 年代チェックポイント

マーテル コルドンブルー チェックポイント

space

コルドンブルー クリアボトル/グリーンボトル

@ボトルの色
コルドンブルーのボトルの色は、クリアボトルとグリーンボトルの2種類があります。
1912年の発売から今日までほぼずっとクリアボトルが使用されてきましたが、1970年代後半〜1990年前後の間だけはグリーンボトルが使われています。
同じ色のボトルでも、時期によって形が少しずつ異なる場合もあります。

マーテル ティンキャップ

Aキャップの種類
コルドンブルーのキャップには、殆どはキャップの付いたコルク栓が使われていますが、古いボトルの中にはティンキャップと呼ばれる金属製のキャップを使用したものもあります。
コルドンブルーでは、1930年代前半〜1960年代後半頃までの製品の一部にティンキャップが採用されています。ティンキャップのボトルは買取金額が大幅にアップします!

マーテルコルドンブルーキャップ12365拡大表示(別ウィンドウで開きます)

※ティンキャップとは ?
ティンキャップとは金属板でできた蓋にフック状の針金(スプリング)が付いたキャップのことで、「スプリングキャップ」とも呼ばれます。
1920年代前半〜1960年代頃にかけて使用されていたキャップで、主にウイスキーなどのボトルで見ることができます。

現在では珍しく希少価値が高いことから、ティンキャップの古酒は高値で取引されています。(写真はウイスキーとジンのティンキャップです)

マーテル コルドンブルー ラベル拡大表示(別ウィンドウで開きます)

Bラベルの形状・色
コルドンブルーの旧ボトルには多数の種類がありますが、ラベルにも年代により様々な種類があります。

コルドンブルー 箱

C箱のデザイン
同じボトル・ラベルであっても、販売された時期によって箱のデザインが異なることがあります。左の写真はどちらもボトルの仕様はほぼ同じですが、左は1960年代前半、右は1960年代後半〜1970年代前半に使用されていた箱です。
space
その他の見分け方ポイント

マーテル コルドンブルー ラベル拡大表示(別ウィンドウで開きます)

輸入業者(記載がある場合)
ラベル下部に輸入業者の記載がある場合、業者名から年代を特定できる場合があります。
例えばアメリカの場合、

1933年〜1954年の間は Park & Tilford社
1955年〜1968年 Browne Vintners社
1968年〜 Jos. Garneau社

が米国内でのマーテルの独占輸入業者です。
右のラベルではJos.Gaeneauの名前がありますので、1968年以降のボトルと推測できます。

マーテル コルドンブルー リボン拡大表示(別ウィンドウで開きます)

キャップシールとリボンの接着
1959年頃までのボトル(右)はリボンがキャップシールに鋲で留められていますが、
60年以降のボトル(左)では、鋲はなくなりリボンは糊で接着されています。
space
space
コルドンブルー 年代別ボトルの例

1. 1940年代〜1950年代頃

マーテル コルドンブルー 旧ボトル ティンキャップ

コルドンブルーのティンキャップボトルは1960年代頃まで生産されていたようです。ただし同年代の製品全てがティンキャップというわけではなく、コルクキャップの製品もございます。ティンキャップのコルドンブルーは大変珍しく、買取金額が高額になります。当店でも過去にお買取したのはこの1本のみです。

コルドンブル-

  • リボンを留める鋲

    コルドンブルー旧ボトル ティンキャップ

    古いボトルはキャップシールにリボンが鋲で留められています。1960年頃までのボトルにみられる特徴です。
  • リボンが長い

    コルドンブルー旧ボトル ティンキャップ

    1960年代前半ごろまでのボトルは、リボンが下のラベルまで伸びています。2つのラベルの隙間から確認できます。
  • コルドンブルー旧ボトル ティンキャップ

space

space

2. 1960年代前半

コルドンブルー 旧ラベル

コルドンブルー 旧ラベル 箱付

  • 角の丸いラベル

    コルドンブルー 旧ラベル 1960前半

    この形のラベルはかなり古くから使用されていますが、キャップシールにリボンを留める鋲がないことから1960年代以降のボトルと推測されます。
  • 1960年代前半頃の箱

    コルドンブルー 旧ラベル 1960前半

    のデザインは1960年代前半頃に使用されていたデザインです。このように箱が年代を特定する重要な要素になることもあります。
  • 輸入業者の記載が
    あるタイプ

    コルドンブルー 旧ラベル 1960前半

    こちらは同じ年代のラベルで輸入業者の記載があるタイプです。ラベル下部が輸入業者の記載部分です。
space

space

3. 1960年代後半〜1970年代前半

コルドンブルー 旧ラベル

こちらのラベルは上のボトルとほぼ同じですが、水色の箱は1960年代後半〜1970年代前半頃に使用されていたタイプです。

コルドンブルー 旧ボトル 箱付

space

space

4. 1970年代頃

マーテル コルドンブルー 旧ボトル
こちらのボトルはクリアボトルに角の尖ったラベルが特徴のボトルです。
アメリカ輸出用の製品の場合は、輸入業者の名前から年代を特定することができます。

コルドンブルー 旧ボトル

  • 角の尖ったラベル

    コルドンブルー 旧ボトル 1970年代頃 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    この形のラベルも長い間使用されてきましたが、買取では角が丸いタイプよりも珍しいラベルです。
  • ラベルのダメージについて

    コルドンブルー 旧ボトル 1970年代頃 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    元々は白いラベルですが、経年により褐色に変色しています。このような場合でも買取いたします。
  • 米国の輸入業者

    コルドンブルー 旧ボトル 1970年代頃 拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    Jos. Garneau社は1968年以降、米国での独占輸入業者となった企業です。
space

5. 1970年代後半

コルドンブルー 旧ボトル

コルドンブルーのボトルは1978年にデザインが一変更されました。濃いグリーンのつや消しボトルに一新されています。
以後このカラーのボトルは1990年代初頭まで使用されました。

マーテル コルドンブルー 旧ボトル

  • ラベル

    コルドンブルー旧ボトル 1970年代後半拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    ラベルのデザインはベージュ色のベースに紺色の文字、金色の枠線です。
  • タイトルの背景について

    コルドンブルー旧ボトル 1970年代後半拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    こちらのボトルは"CORDON BLEU"の文字に黒い背景が付いているタイプです。アメリカ輸出向けの商品です。
  • 金色のワックス

    コルドンブルー旧ボトル 1970年代後半拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    ワックスの色も金色に変更されました。

6. 1980年代

コルドンブルー 旧ボトル

コルドンブルー 旧ボトル

この年代での変更点はこちらになります。
・ボトルキャップから伸びているリボンの長さ
・ラベルの色とデザイン
・ボトルに直接「CORDON BLEU」と記載があること

7. 1980年代後半〜1990年前後

コルドンブルー 旧ボトル

1980年代後半に変更された後のボトルです。ラベルが変わったほか、ボトルの形も変化しています。

コルドンブルー 旧ボトル

  • ラベル

    コルドンブルー 80後半〜90頃

    変更後のラベルです。
  • ボトルの形の変更

    コルドンブルー 80後半〜90頃

    変更前のボトルのフォルムは円錐形ですが、変更後はテーパー型になっています。

8.1980年代

コルドンブルー 旧ボトル

こちらは1980年代に流通していたボトルです。クリアーボトルに紺色のラベルです。

コルドンブルー 旧ボトル

  • ラベル

    コルドンブルー 旧ボトル 1980年代

    紺色に金の文字のラベルです。
  • ワックス

    コルドンブルー 旧ボトル 1980年代

    メダリオンの色は金色に変わりました。

9. 1990年代

コルドンブルー 旧ボトル

こちらは1990年代に流通していたボトルです。これ以降のデザインは1970年代以前の「クリアボトル+ブルーを基調としたカラー」のスタイルへと戻ってゆきます。

コルドンブルー 旧ボトル

  • ラベル

    コルドンブルー 1990年代拡大表示(別ウィンドウで開きます)

10. 2000年代

コルドンブルー 旧ラベル
こちらは1990年代のボトルとよく似ていますが、ラベルに小さな違いがあります。

コルドンブルー 旧ボトル

  • ラベル

    コルドンブルー 2000年代拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    ラベル
  • 旧ラベルとの比較

    コルドンブルー 2000年代拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    変更後はブランドロゴを囲む枠のカーブがなくなっています。また、紋章の絵柄も変わっています。
  • 箱の変化比較

    コルドンブルー 2000年代拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    変更前はうっすらと模様のある箱です。変更後はメタリックな表面になっています。

11.現行品

コルドンブルー 現行品
こちらは現在販売されているマーテル コルドンブルーのボトルです。今までの系統と同じく、クリアボトルにブルーを基調としたデザインです。
コルドンブルーの中では最も買取金額のお安い商品になります。

コルドンブルー 現行品

  • 現行品ラベル

    コルドンブルー 現行品拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    現行ボトルのラベルです。長方形に切込みを入れたような形です。

space
space

ご注意

下記のように、同じ年代のボトルでも販売された地域の違いなどでラベルの文字やキャップシールの色など細部が異なる場合があります。
このような場合でも、その他の大部分が同じであれば買取の金額には殆ど影響ありません。
例1. ラベル表記の細かな違い
  • マーテル コルドンブルー 80年代 ラベル拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    こちらはマーテル コルドンブルー の1980年代のボトルです。
  • マーテル コルドンブルー 80年代 ラベル拡大表示(別ウィンドウで開きます)

    右のボトルには液量や度数の記載があり、左とは文字の内容が異なります。
例2. キャップシールの色
  • VSOPメダイヨン 1980年代

    どちらもVSOPメダイヨンの1980年代のボトルですが、キャップシールの色が異なります。左(黒色)はアジア向けの輸出用ボトルです。
space
space

まとめ

マーテルコルドンブーに関しましては、古ければ古いほど価値が高まる商品になります。
上記でご説明させていただいた微々たる違いで大きく価値が異なる場合もございます。
価値が高くなるお酒、そうでないお酒がございますので不明な点があれば弊社スタッフにお尋ねください。
space
space
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店
  • 銀座店