ビスキーの買取はライフバケーションが高額対応致します。

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

BISQUIT / ビスキー 買取致します。

ビスキートップ

ビスキーの買取を行っております。1819年にアレクサンドル・ビスキーがブランデーを造るビスキー社を創設。買取では古酒が多く、すべて買取いたします。種類は他社と比較すると落ち着いています。ラベル汚れなどダメージがあっても買取いたしますのでご相談ください。
ビスキー シリーズ一覧
VSOP

ビスキーVSOP

写真はビスキーVSOPの700mlと1000mlです。どちらも買取致します。内容量が多いほど通常サイズより買取金額が上がります。
ナポレオン

ビスキーナポレオン

ビスキーナポレオンはラベルに種類があります。付属品で巾着が付いているものもございます。サイズの種類もあり、すべて買取いたします。
XO

ビスキーXO

写真はビスキーXOのデキャンタボトルです。同じビスキーXOでExcellence(エクセレンス)記載があるボトルもあります。どちらも買取いたします。
ナポレオン リモージュ

ビスキーナポレオン磁器

ナポレオンが馬に乗ったボトルです。ビスキーナポレオンの通常ボトルより高価買取になります。買取はライフバケーションにお任せください。
ナポレオン バカラ

ビスキーバカラ

ナポレオンのバカラボトルです。ビスキーナポレオンの通常ボトルより高価買取になります。付属品として箱と替栓があると買取額が上がります。
エクストラ ヴィエイユ

ビスキーエクストラ

写真の他にバカラボトル、角ばったボトル、ラベル違いのボトルがあります。ビスキーのエクストラは希少性も高く、高価買取になります。

ビスキーの歴史

ビスキーの創設は1819年。
当時20歳の塩商人、アレクサンドル・ビスキーによってジャルナックの町のシャラント川のほとりに
創設されました。 現在ではコニャック名物といえばブランデーですが、塩の交易によって
繁栄が始まった町でもあります。

彼の祖先は1750年頃からコニャックの製造・販売を行なっており、ボトルに自身の
ブランド名を付けた商品をコニャック生産業者では初めて販売したと言われています。

早い時期からヨーロッパのみならずアメリカやアジア、アフリカなど世界中に市場を開拓し
積極的に海外への輸出を行なってきました。特にイギリスでの人気が高く、
国王ジョージ6世や首相ウィンストン・チャーチルなど多数の著名人達に愛飲されてきました。

創業から長年の間順調に家族経営をおこなってきましたが、経営状態が悪化したため1966年に
フランスの大手酒造メーカー・リカール社に買収されグループの一員となりました。
事業拠点の移転を行い、64基の蒸留器を持つ地域最大規模の蒸溜所やフォークリフトで
容易に移動ができる広い倉庫など最先端の設備を備えた工場が完成しました。

会社は2009年に再び売却され、現在は南アフリカ共和国ディスティル社の傘下にあります。

ビスキーの特徴

ビスキーのコニャックに使用されるブドウは主にグランド・シャンパーニュ、フィーヌ・シャンパーニュ、
ファン・ボア地区産で、品種の約90%はユニ・ブランです。

ビスキーの最大の特徴は、蒸留時間を長くすることで得られる強い芳香となめらかな味わいです。
通常よりも約15%程蒸留時間を長くしており、普通は蒸留時間が長すぎると
コニャックの味が苦く不快なものになってしまいますが、ビスキー独自の200年に渡り受け継がれてきた
技術により、苦味は出さず凝縮された濃厚な香りのみを抽出しています。

また、蒸留されたオー・ド・ヴィーの中留部分(2回目の蒸溜で最初と最後に出てくる部分を取り除いたもの)
を多く使用することで、フルーティーな味わいに仕上がっており初心者でも飲みやすいブランデーとして
好評を得ています。

豆知識

ビスキーの紋章に描かれているのは、鷲の上半身と翼に獅子の下半身を持つグリフォンと呼ばれる生物です。
グリフォンはギリシャ神話に登場するブドウ酒の神・デュオニソスが飼う怪物で、
デュオニソスの酒甕を守る番人といわれています。
そのため古くから、酒蔵を守り魔を遠ざける霊獣として信仰されてきました。
ビスキーのセラーに眠る原酒を守るシンボルとしてこの絵柄を使用しています。
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店