ハーディの買取・査定は当社が自信をもって行わせて頂きます。

株式会社ライフバケーション
お酒の高価買取なら株式会社ライフバケーション

A.HARDY / ハーディ 買取致します。

ハーディトップ

ライフバケーションではハーディの買取を行っています。A.HARDY(アンソニー・ハーディ)社はフランスではとても人気のあるブランデーの銘柄です。ハーディはクリスタル職人が手掛けるとても綺麗なボトルがあり、それらは高価買取になります。鶏はハーディのシンボルマークといわれボトルにも使われています。どんなに古くても封が開いていなければ買取できます。買取の際はご相談ください。
ハーディ シリーズ一覧
ナポレオン

ハーディナポレオン

ハーディのナポレオンはボトルに種類があります。写真はワイヤーの網が掛かっていますが、無いものもございます。木箱付きのものもあり、すべて買取致します。
ナポレオン ブック

ハーディブック

ハーディのブックはカミュのブックボトルよりも高価買取になる場合があります。中身はハーディのナポレオンが入っており、レリーフが印象的です。
ナポレオン 砲台

ハーディ砲台

ブランデーの中には砲台付きのボトルがあります。この商品では台座の砲台にも価値があり、一緒にお売りいただければ通常より買取金額が上がります。
XO エクストラ ファイン

ハーディXO2

ハーディの木箱付きXOです。査定をする際はボトルの汚れ等は減額対象にはなりませんので、そのままの状態でも買取はお任せください。
XO 台座付き

砲台

台座に乗ったハーディXOです。金色の箱があります。箱は破損、紛失していたとしても減額対象にならないこともございますので、ぜひ一度ご相談ください。
XO 金色キャップ

ノスドール

キャップの色が金色で、赤いラベルが印象的なハーディXOです。ハーディXOは種類が多く、一つひとつ買取金額が異なります。
ノス ドール

ノスドール

ハーディノスドールは通常ボトルのハーディXOより買取金額が高くなります。ノス・ドール(noces d'or)はフランス語で“金婚式”を意味します。
ルースター 金色

陶器金

ルースターはフランス語で“雄鶏”を意味しています。こちらの雄鶏ボトルはミニボトルも高価買取商品です。色の種類が豊富で買取額が異なります。
ルースター 青色

陶器青

ルースターボトルの中身はVSOP、ナポレオン、XO、エクストラなどがあります。ハーディを象徴する雄鶏のボトルは高額買取商品です。
パール ノス ド パーリィ

パーリィ

付属品は箱と替栓です。細部にまでこだわりを感じる美しいボトルです。こちらのハーディ パール ノス ド パーリィは高価買取商品です。
ノス ド ディアマンテ

ディアマン

綺麗なクリスタルボトルのハーディ ノス ド ディアマンテは高額買取商品です。本体のみでも買取いたします。完品に近いほど買取金額が高くなります。
ルプティ トノー

ハーディ樽

樽のボトルは陶器のボトルが多い中、ハーディの場合はそのままの樽です。付属品も数点あります。こちらはとても希少で、高価買取になります。

ハーディ買取につきまして

ハーディの買取では、VSOPやナポレオンなどブランデーの等級やボトルの形状などをお教えください。同じナポレオンの商品でもレギュラーボトルと陶器ボトルとでは買取金額に大きな差が出ます。
また陶器ボトルの中でも、青色か金色なのか、それだけでも買取には差が出ます。当社ではハーディの商品を多く買取しておりますので、分からない事がありましたらお気軽にお問合せください。

最高級商品 ハーディ ペルフェクション

ハーディ商品の中でも最高峰と言われているペルフェクションは限定1200本のみ生産され、
その内日本国内に入ってきたのは108本と言われています。飲み屋さんなどでは1,000万円などを超えるとも言われています。

そんな商品はいくらで買取なの?


いくらで買取をするのか知りたいと思う方は多くいらっしゃると思います。当社での2016年の買取相場は、箱付き・冊子付きの完品でおおよそ40万円〜45万円となっております。

ハーディの歴史

メゾン・ハーディは1863年、フランス・コニャックの中心地に設立されました。
創立者のアンソニー・ハーディはイギリス・ロンドンでワイン・スピリッツを扱っていた商人でした。

彼はハーディ設立前からブランデーの様子をチェックするためにしばしばコニャックへ通っていましたが、
後にコニャックの地に移住し、名前をアントワーヌ・アルディとフランス読みにして
コニャックの輸出業を始めます。
彼はこの時、フランスへの敬意として同国を象徴する存在であるオンドリをエンブレムにしました。

ハーディのコニャックはすぐに評判となり、6年後の1869年にはオランダ・アムステルダムで開かれた
国際的な博覧会で優秀賞を受賞するなど着実に高級コニャックとしての地位を獲得してゆきました。

その後は代々、彼の子孫たちが後を継いでいます。ヨーロッパ東部・北部、中央ヨーロッパ、南北アメリカ、
アフリカなど海外への輸出にも力を入れ、積極的に海外への輸出も行い販路を拡大していきました。
今日では、5大陸へ輸出を行うコニャックメーカーへと成長しました。

ハーディの特徴

ハーディはフィロキセラ禍以前の貴重なコニャックを保持していることで知られています。
フィロキセラ(ブドウネアブラムシ)は、ブドウの根や葉に寄生して栄養障害をもたらし
やがて枯死に至らしめる昆虫です。繁殖力旺盛なこの害虫は、19世紀のヨーロッパで
ワイン・ブランデー産業を壊滅寸前まで追い込みました。

その悪夢は1862年に南フランスのとあるワイン商がアメリカから輸入した苗木から始まりました。
苗木を植樹した2年後には周囲のブドウが枯れ始め、10年後にはフランス全土、さらには
ヨーロッパまで被害が広がりました。フランス政府は報奨金を出してこの問題の解決案を
募りましたが、なかなか有用な手段は発見できませんでした。

1874年、アメリカ系ブドウにヨーロッパ系ブドウを接ぎ木することでこの虫害を
防止できることが発表されました。フィロキセラの耐性を持つアメリカ系の品種を台座にすることで、
ヨーロッパ系ブドウの繊細で上品な味わいを損なわず対策ができるこの手法はブドウ農家全体に広がり、
現在ではブドウ栽培の主流になっています。

一方で台木と相性の悪い幾つかの品種は姿を消してしまいました。また、アメリカ系の血が混ざることで
ワインの味が以前と変わってしまったのではないかという意見もあります。このことから、
フィロキセラ禍以前のブドウから造られたワインやコニャックは本来のヨーロッパ種の味わいを楽しめる
「プレフィロキセラ」として、希少価値が高く愛好家たちの間で珍重されています。

ハーディのブドウ農場もまた、フィロキセラの被害には大いに苦しみましたが直前の豊作年の蓄えのお陰で
この危機を乗り越えることができました。

ハーディ ペルフェクションシリーズは、このプレフィロキセラの原酒を贅沢に100%使用し
さらにフランスのクリスタルガラスメーカー、クリスタルリー・ドーム社のボトルに詰めた逸品です。
19世紀から続く名門クリスタルメーカーの手によって、 eau(オー/水)、terre(テッレ/地球)、
Lumiere(リュミエール/光)、Flamme(フラム/炎)、Air(エール/空気)など自然と一体化したボトルが
美しく表現されています。
  • お問い合わせフォーム査定
  • 直接メール査定
  • お問い合わせ・査定はこちら

PageTop

  • 横浜本店
  • 世田谷店
  • 静岡店
  • 宇都宮店
  • 千代田店